活性酸素でシミができる仕組み

活性酸素でシミができるメカニズムは、どのようになっているのかというと、まず、紫外線によって活性酸素が増えます。紫外線には、有害な物質が数多く含まれていて、紫外線を浴びるとその害から体を守るため、大量の活性酸素を生じることになります。体を守るのはメラニン色素なのですが、活性酸素が必要以上に増えると、細胞にダメージを与えることになります。活性酸素のダメージを緩和させるのが、メラノサイトという細胞なのですが、メラニン色素はシミの原因になります。メラニン色素は、活性酸素から受けるダメージを緩和する働きがあり、日焼けすると肌が黒くなるのは、メラニン色素が酸化することで肌細胞への被害を防いでいることによるものです。しかし、メラニン色素が多すぎるとシミになります。通常の日焼けは、新陳代謝によって、元の色の肌へと戻るのですが、メラニン色素がたくさん作られてしまうと、新陳代謝が対応できず、色素が残ってしまうことになります。これこそがシミの正体であり、シミができやすくなるのは、老化で新陳代謝の機能が弱まるから起こるのです。活性酸素による皮膚の過脂化も原因の1つです。過酸化脂質となった部分にメラニン色素が集まると、シミの温床になります。